龍神の宝物 - 柚べし 大/小

ご購入、お問い合わせは
0739-79-8068
またはメールフォームまで

柚べし 大/小

筋金入りのスローフード。伝統の保存食

中身をくり抜いた柚子の中に味噌などを詰めて長い時間をかけて作る、龍神村では古来から作られてきた、伝統の保存食です。
食べる際は、そのまま切り分けて酒の肴やご飯に添えてお召し上がりください。

商品詳細

価格: 小¥648(税込) / 大¥864(税込)
サイズ: 約12×8cm
内容量: 1個
原材料: 柚子, 麦味噌(大豆,大麦,食塩), 落花生, ごま, きな粉, 砂糖, 七味唐辛子
賞味期限: 1年
保存方法: 常温
生産地: 和歌山県田辺市龍神村

柚べしの歴史

柚べしの歴史

味噌柚べしの製法が残っているのは、全国で4ヶ所(天竜川上流・十津川村・四国[愛媛県])。
文献によると、室町時代からお茶席ではよく食されていたそうで、お殿様がぶら下げて持ち歩いて食べていたとか。
かつては龍神村内でも60軒が作っていましたが、現在では1軒だけとなりました。

柚べしの作り方

柚べしの作り方

完全無農薬の龍神村の香り高い柚子だけを使用しています。
龍神の柚子は、実生の柚子(みしょうのゆず。接ぎ木ではなく、種から育った野生の柚子のこと)で香りが高く味も濃いのが特徴です。

柚子の実の上部を切り取った後、中身をくり抜いて、この中に天然醸造の味噌に落花生、きな粉、ゴマ、七味などを合わせた物をつめて蒸し、切り取った上部で蓋をする。寒空の中で半年乾燥させると完成です。
味噌作りから数えると、1年半の時間と手間暇かけて、ひとつひとつ丁寧に手づくりした量産不可能な伝統の味です。

柚べしの食べ方

柚べしの食べ方

そのまま切り分けて、酒の肴やご飯に添えて食べて下さい。
龍神村では同じく伝統食の茶粥(おかいさん)とも一緒によく食べられています。
他にも現代的なアレンジとして、クリームチーズと合わせると、柚子の香りや甘さがより感じられるので、デザートの代わりとしてやクラッカーに乗せてオードブルとして召し上がっていただくのもオススメです。

龍神はーとの
製品へのこだわり

龍神産にこだわる

龍神村で採れる素材や伝統食にこだわって原料を選んでいます。きれいな水、空気、自然に育まれた龍神の魅力を感じていただければ嬉しいです。

あるものを無駄にしない

今まで地域では価値がないとされていたもの。捨てられてきたものたちを龍神の宝として生まれ変わらせたい。無駄にしない。をモットーに商品開発に取り組んでいます。

自家製・手づくり

自分の子供に胸を張って食べさせたいほどの安心・安全な食品を目指して製造しています。大量生産はできませんが、手づくりならではのやさしさをお届け致します。

ちょっとした贈り物にも

龍神の宝物たちをもっとたくさんの人にお届けできるよう、ちょっとした贈り物にも喜ばれるパッケージに仕上げました。

商品のご購入、お問い合わせは
TEL:0739-79-8068
またはメールフォームまでご連絡ください。

一番上へ戻る